過去の未払い残業代を請求して150万円をもらう

menu

過去の未払い残業代を請求して150万円をもらう

営業職でもサービス業でも残業代を手に入れるのは何も間違っていません。難しいことはありません。一歩を踏み出すかどうかだけです。

今までの残業代を請求

サイトへの訪問ありがとうございます。私は5年ほど、飲食を事業とした中小企業で働いていました。最初の1年間は何の役職もなかったのですが、小さな会社だったこともあり2年目からは店長として、退職するまで勤務していました。退職後にひょんなことから、過去の残業代をもらえるかも知れない(しかもかなりの額)という事で弁護士先生を通して請求しました。退職した会社としては300万円の支払い、私の手元には150万円というお金が入ってきました。もし、残業代の事で悩んでいる人の参考になればと思いこういった形で残しています。

円満退職した会社との関係を悪くしたくない方はこれ以上読み進めないことをオススメします。


手当に残業代が含まれているのは本当か

営業の人には多いです。特に外回りの営業の人というのは会社内にいる時間よりも外にいる時間が長いわけですから、よく契約を取っていれば自由に時間を使えるなんてことも聞きます。つまり実質労働時間の管理なんて出来ないわけです。多いのは、営業手当という名目でいくらか支給をして、残業分もそこに含まれているというものです。私のいた会社の飲食店でも、店長手当はありましたが、どんなに長時間、たとえ深夜に営業終了してその後朝方まで働いても残業代というのは1円ももらったことはありません。

ところがです。営業手当や店長手当などに残業代を含めるとするのならば、それはしっかりと就業規則で、手当のうちいくら分は何時間分の残業代だというのを記載しておかなければならないのです。もちろん、記載してある就業規則を元に従業員に説明もしなければなりません。

その説明はありましたか?もしなかったのであれば過去の残業代を請求することで取り戻せる可能性は大いにあります。

在職中に残業代の請求はどうなのか

私は退職をしてから、今までの残業代を請求できると知ったので退職後になりましたが、もちろん在職中に請求することも出来ます。当然の権利です。ただ、あたなの会社はいわゆるブラック企業ではないですか?いえ、未払い残業代がある時点でブラックではあるのですが、会社側が悪かったと素直に非を認めて支払いに応じるイメージはありますでしょうか。あなたに支払ったら他の従業員にも支払うことになるかも知れません。本来支払わなければならないものではあるものの、会社にとってはかなりの痛手でしょう。規模によっては資金繰りで詰みます。そういう状態にしながら仕事続けられますか?

個人的には退職してからをオススメします。鋼のハートを持ち合わせているのなら止めはしません。

どうやって請求するのか

退職してからある程度期間が経っている人は急いだ方がいいです。なぜなら未払い残業代というのは2年で時効消滅してしまうからです。つまり、3年働いていようが10年働いていようが、請求できるのは2年分です。最長で2年分ということです。

なので、自分で色々と調べたりしている時間さえも勿体ないのです。早めに請求をしないとドンドン損をしてしまっているということです。そこで利用をオススメするのが未払い残業代案件を専門的に取り扱っている法律事務所への相談です。私はここを利用したのですが、最初だけちょっとやり取りをして後は丸投げです。こういったところはどこも、成功報酬型の手数料が発生します。会社が支払うことになった金額の4分の1~2分の1くらいが手数料となります。

その手数料さえネックにならなければ専門家にお任せするのを断然お勧めします。手間が一切かかりませんので。とにもかくにも150万円を手に入れた私からのアドバイスとしては、時効の件があるので悩んでいるのであればとりあえず相談です。私ももっと早く動いていればと悔やんでいます。実際に残業代を取り戻せなかった時には弁護士費用など一切発生せず無料なので損をすることは絶対にありませんが、悩んでいる時間は大きな損です

すっきりとした気持ちと、本来手に入るはずの金額だった残業代で美味しい物食べられますし、欲しかった物も買えます。我慢する必要はありません。すぐに概算をシミュレーションしてみてください。

▼ここからお進み下さい▼
残業代請求無料診断シミュレーター